ガジェット初心者がHHKB BTを3ヶ月使ってみた感想&レビュー

こんにちは、たかすぎ (@techbaum2020)です。

今回はプログラマーやライターの間では言わずと知れた有名キーボードである「Happy Hacking Keyboard」、通称「HHKB」を3ヶ月間使ってみた感想とレビューを書いていこうと思います。

ちなみに僕はPCの周辺機器にはあまり詳しくなく、キーボードを単体で買うのは今回が初めてでした。

ですので、この記事は以下のような方にオススメです。

HHKBについて基本的なことを教えて欲しい!

いきなり初心者がHHKB使い始めて大丈夫なのか知りたい!

疑問がある人

結論から言うと、買って大正解だったのですが、そのいくつかのポイントを以下で詳しく説明していこうと思います。

僕が購入したモデル

僕が実際に購入したのはこのモデルです。HHKBといっても様々なモデルが発売されていて、打鍵感やPCとの接続方式、価格などの細かい違いがあります。

HHKBの各モデルの比較記事を今後出そうと思うので少々お待ちを…

注意
以下で書くのは「HHKB Professional BT(英語配列)」を3ヶ月使ってみた感想ですので御注意ください。

良いと思ったポイント

打鍵感がいい

僕が普段使っている無印Macbookの内蔵キーボードや家にあるデスクトップPCの付属キーボードに比べ、圧倒的に打鍵感がいいです。

指を軽く押し込むと「スコッ」という音と共に文字が入力されます。この打鍵感がより一層「自分、文字打ってるわ〜」という気分にさせてくれるのでシンプルに好きです。

長時間タイピングしても疲れにくい

独特のキーの使い方があるので慣れるのには少し時間がかかりますが、なれてしまえばもうこっちのものです。

たとえば、僕が購入した英字配列には方向キーがありません。下の写真のようにFnキーと「;」を同時に押すと左に移動、というふうに2つのキーの組み合わせによってカーソルを移動します。

小指でFnキー、人差し指で「;」を押す感じになりますね。一見めんどくさそうに見えますが、慣れれば方向キーよりも使いやすくなると思います。

また、各横列の高さも押しやすいように良い感じに調整されています。

コンパクトで持ち運びができる

キーの数を最低限にしているので、他のキーボードと比べてもコンパクトでスタイリッシュになっています。

キーボードを打っているときにズレてしまわないためにある程度の重量はありますが、十分持ち運びが可能な重さです。

僕は実際に持ち運んでカフェなどで作業することもあります。

モチベーションが上がる

単純にタイピングが楽しくなるので、自然とPCに向かう時間が増えます。

イマイチだと思ったポイント

値段が少々お高い

HHKBの価格帯は2万〜3万ぐらいです。僕が購入した「HHKB Professional BT」は3万円ほどでした。僕はコロナの給付金を資金にして買いましたが、なかなか手を出しにくい価格かも知れません。

ですが、HHKBは以下のような一面もあります。

「HHKB Professional BT」の給電は、単三電池またはUSBコネクタを用います。リチウムイオン電池を使ったバッテリー充電方式にすると、バッテリーの寿命がキーボードの寿命を決定してしまうため、あえて単三電池による給電を採用していると言われています。

「キーは壊れていないのに、バッテリーがダメになって買い換えなければいけなくなる」という事態が起きないように配慮し、ユーザーに少しでも長くHHKBを使ってもらえるような設計にしているのです。

たかすぎ

値段が多少高くても、良いものを長く使っていきたい派なので購入しました!

他のキーボードが使いづらくなる

HHKBを持って行けない時など、他のキーボードを使わないといけない場面がありますが、HHKBの操作方法が体に染み付いていて使いにくく感じてしまう点が難点かも知れません。

一緒に買うと良いもの

僕がHHKBを3ヶ月使う上で、買うに至ったものを紹介していきます。

パームレスト

HHKB自体に少し高さがあるので、手首をちょうどいい高さで休めるパームレストがあった方が使いやすいです。

「HHKB Professional BT」は横が294mmなので、僕は下のパームレストのSサイズを購入しました。

このパームレストについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください

HHKBにぴったりのパームレストをレビューしてみた

キーボードルーフ

キーの隙間にホコリが入るのを防ぐために買いました。家で使うだけなら布を被せておけばいいですが、これなら持ち運びの際のキー保護もしてくれます。

バード電子という会社ものですが、この会社はHHKB公式のアクセサリを作っています。そのためHHKBの公式マークが入っています。少し値段が高い…

持ち運ぶ時のポーチ

パームレストも一緒に持ち運びたかったのですが、下の公式ポーチに入るスペースがあるのかどうかわからなかったのと公式ポーチの値段が高かったので、ダイソーで売っていたデカイポーチで済ましました。

この公式ポーチだと、上のキーボードルーフを装着した状態でぴったりと入るそうです。

まとめ

以上、ガジェット初心者目線でのHHKBを3ヶ月使ってみたレビューでした!

HHKBは、これからプログラミングを始めてコードを大量に書く人や、文章を効率よく書きたいというガジェット初心者にも十分オススメできるキーボードです。

ぜひ試してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。