【スマートノート】「Everlast」を実際に使ってみたレビュー

こんにちは!サイト管理人の高杉です。

今回はスマートノート「Rocketbook Everlast」について詳しく紹介していきたいと思います。

スマートノートとは?

スマートノートとは、ホワイトボードのように書いて消してを半永久的に繰り返して使うことができ、書いたものを電子データとして管理できるノートのことです。

普通の紙ではなく、ストーンペーパーというスベスベの特殊な紙からできています。

「Rocketbook Everlast」を実際に使ってみた

Everlastを選んだ理由

他の安いスマートノート(NEWYESなど)は1ページにつき500回程度の繰り返し利用が可能なのですが、Rocketbook Everlastの場合は1000回も繰り返し使用できます

それに加えて、以下に紹介するクラウドサービスとの連携機能は他のスマートノートにはないことが多いため、今回はこの「Rocketbook Everlast」を使ってみることにしました。

基本的な使い方

▽文字やイラストを書くときは「フリクションボールペン」を使います。ペンの太さは、文字を書くならば0.5以上がオススメです。0.3だと細すぎてスキャンされにくくなってしまいます。

▽そして、文字を書いたら専用のアプリでスキャンします。ページ全体をカメラに映すと自動的にスキャンしてくれます。

▽スキャンしたデータはこんな感じになります。

▽文字を消す場合には、付属のミニタオルを濡らしたもので拭くか、フリクションと同様にゴムでこすって消すかの二択になります。

メリット

紙のノートを何冊も持ち歩かなくて済む

例えば大学生の方ならば、授業ごとにノートを分けて管理するのは、授業数が多いとかなり大変になってきます。教科書の量も増えるので持ち運びも苦労しますし、毎日ノートを入れ替えたりするのは正直しんどいです。

このノートを使えば、1日の終わりに板書をスキャンするもよし、ノートは32ページあるので週に一回まとめてスキャンするもよし、とにかく板書を楽に管理できます。

iPadでノートを取る場合より、文字が書きやすい

iPadにノートを取る場合、Apple Pencilまたはそれに類するものを使わなければいけませんが、そういったものの長さ・重さ・持ちやすさでは、普段使っているペンよりどうしても書きにくくなってしまいます。

このノートは少しツルツルしていて普通のノートとは書き心地は違いますが、書くための道具、つまりペンは、普通のノートに書くときと同じものを使うので、iPadに書くよりもストレスは少なくなります。

データをクラウドで簡単に管理できる

専用アプリを各サービスと連携させることで、スキャンしたデータを即座に各サービスに転送・保存することができます。

以下が連携できるサービス一覧です。

  • Google Drive
  • EVERNOTE
  • Dropbox
  • OneNote
  • OneDrive
  • Trello
  • slack
  • box
  • iCloud
  • Eメール
  • Messages

ページの下部にはマークがいくつか並んでいるのですが、アプリで設定しておくと、このマークに印をつけることによって、スキャンしたデータのアップロード先を指定することができます。

▽例えば、以下のように設定して、右の写真のように矢印マークに×印をつけてスキャンすると、スキャンしたデータは自動的にDropboxの微積分というファイルに保存されます。

このような機能があることでスムーズにスキャンできます。

デメリット

インクの乾きが遅い

表面がツルツルしているため、普通の紙に書く場合よりインクの乾きが少しだけ遅くなります。

まだ乾いていない状態でページをめくったりすると、他のページに写ってしまうこともあるので注意が必要です。

インクの消費が早い

普通の紙に書く場合よりもインクが多く出るので、インクの消費が激しくなります。

文字が消しにくい

しっかりと綺麗に消すには、濡れたタオルやティッシュがオススメですが、こういったものを持ち歩くのは少し面倒かもしれません。

フリクションのゴムで消す場合も、ゴムが汚れていたりすると少し跡が残ってしまうことがあります。(普通の紙の時も同じですが)

まとめ

いかがでしたか?

学生で板書をスマートに管理したいという方はもちろん、社会人の方のアイデア帳などにもオススメできます。

僕が使用しているものの他にも、様々なサイズや色があるので是非検討してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました٩( ‘ω’ )و